Logo_aki.jpg

IMG_7903.JPG

中川 亜紀(なかがわ あき)

日露フードオーガナイザー a.k.i. kitchen project 代表
料理教室講師(日本人向けロシア料理教室、およびロシア語話者向け和食教室)
フードコーディネーター、食品管理衛生責任者、ロシア教育科学省認定ロシア語試験ТРКИ(第2段階)

東京都教育委員会委託ロシア語児童の日本語講師およびサポート員として都内の小中学校にて指導
1975年 岡山生まれ 岡山大学英米文学言語文化学科卒業

2009-2012年 夫のロシア駐在に伴い、3人の子供とモスクワに転居、その間に現地ロシア人との交流を通して文化に触れ、特に民族楽器バラライカとロシア料理に親しむ。
帰国後、ジャパン フードビジネスコーディネータースクールにて食のビジネスについて学びながら、吉祥寺カフェロシアにて研鑽を積む。

2013年10月より2016年11月まで、紀尾井町(現在移転して神宮前)COOK COOP BOOKスタジオ(株式会社 カフェカンパニー)にてロシア料理教室講師を務め、日本人向けロシア料理教室、およびロシア人向け和食教室を開催。 その他、都内および大阪・岡山にてロシア、ジョージア(グルジア)、ウズベキスタン、カザフスタン、ウクライナ料理教室を開催。 難しいと言われるロシア人の心に入り込むコミュニケーションと情熱で『食は異なる文化の人々をつなぐ』をテーマに、SNS(Facebook)も含めて日本とロシア(および旧ソ連圏)を食でつなぐ活動を続けている。 その他インバウンド向けサービス、各種メディア(日本およびロシア)で和食とロシア料理の普及活動に励んでいる。

実績(国内)

  • 2014年11月 ロシア首相府より副料理長アントン ピスクーリン氏をゲストに、国産チョウザメのプロモーションのための料理教室を開催し、追加開催ともに満席。
  • 2016年1月 サンクトペテルブルク料理学校『Live tasty』オーナーシェフをゲストに、COOK COOP BOOKスタジオでの最新ロシア料理教室、吉祥寺カフェロシアにおけるペテルブルク宮廷ロシア料理講座を開催。
  • 2015年5月 都内在住ウズベキスタン人をゲストに、中央アジア料理教室開催。
  • 2015年6月 在日本カザフスタン大使館の後援により、カザフスタン外交官夫人をゲストに、カザフスタン料理と文化の講座開催。
  • 2012年より現在 日露音楽と食のコンサートイベントのオーガナイズ。自身もモスクワ時代より民族楽器バラライカを習っているため、モスクワのバラライカ奏者ドミトリー・ナウモフとピアニスト矢野裕美のライブコンサートをオーガナイズ、ディナーショーでのロシア料理コースをオーガナイズなどしている。2016年7月の来日コンサートは『ア ポワン 神楽坂』にて満席となった。
  • 東京都北区異文化交流サロンかぴばら主催により、NPOボランティア施設にてロシア料理教室、ビーツ料理教室、ロシア民族楽器バラライカを紹介するイベントを3回に渡って開催。
  • 2017年3月より、新宿区早稲田にあるロシア人メイドカフェ『ItaCafe』のメニュー提供を含むコンサルティング。ロシア料理レシピを提供、日本での飲食業としての働き方や調理衛生指導などをロシア人スタッフに指導する。
  • 2017年農林水産省「ロシア地域における食産業海外展開検証委託事業」企画コンペ書類等作成

実績(ロシア)

  • 2014年8月 モスクワの3つのスタジオにて和食教室を開催。
  • 2015年9月 モスクワ主要スタジオ「ユリアヴィソツカヤ」、「フリェプソリ」、「JUST COOK」等、6つの会場、サンクトペテルブルクでも2つの会場にて、和食教室および親子和食教室を開催。
  • 2016年2-3月 モスクワ・サンクトペテルブルク主要スタジオ6か所で和食教室開催。 和食とバラライカのコラボイベントで は、駐在日本人も多数参加、日露文化交流イベントとして60人以上を動員した。
  • 2016年12月 モスクワ・サンクトペテルブルク主要スタジオ4か所で和食教室開催。同時にモスクワにてロシアの主要レストランチェーンや出入り業社に地元岡山の黒備前をプロモーション。

メディア実績(日本)

  • 2014年2月3日付、中日新聞系各紙生活面(東京新聞では朝刊10面)、ソチ五輪に向けて、ソチで食べられ ている料理について解説記事掲載。
  • 2014年2月11日 TBSの夕方の情報番組『Nスタ』で、ソチのアドレル市場でのやりとりやレストランでの様子等、翻訳。
  • 2016年9月15日 TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」番組内でロシア軍事評論家・小泉悠氏と共に45分間にわたりロシア料理を紹介した。
  • 2016年12月6日 NHK番組「あさイチ」ビーツ特集にて、ロシア料理およびビーツを使った教室を都内で開催している様子を紹介。
  • 2017年4月 光文社『美ST』6月号ビーツ特集にオリジナルレシピ5点掲載のため、調理、スタイリング、撮影を行う。

メディア実績(ロシア)

  • 2015年 ロシアのトップ料理雑誌『フリェプソリ』、『ジェイミーオリバー』の編集長来日時にインタビューに応じ、両紙における和食記事に協力、写真と共に掲載(『フリェプソリ』2015年1-2月号、『ジェイミーオリバー』2015年4月号)。
  • 2015年12月 ロシアのビジネス旅行雑誌『Business Traveler』より2015年9月のモスクワ出張時にインタビューを受け、『食は世界をつなぐ』とのテーマで、ロシアでの和食普及活動、また日本の食文化、生活や伝統について、写真とロングインタビューが6ページにわたり掲載。
  • 2016年3月 同じく『ジェイミーオリバー』誌の依頼により、2015年9月にモスクワ出張時にロケを行い、「ロシアで作れる和食」テーマで日本のレシピを写真と共に紹介。2016年3月号に5ページにわたって掲載。
  • 2016年12月 モスクワとペテルブルクに数十店舗展開する高級スーパーマーケット『アズブーカ・フクーサ』の専門グルメ誌『Tasty』、また上記『Business Traveler』誌に「日本のお正月の過ごし方」について寄稿
  • 2017年4月 上記『アズブーカ・フクーサ』の専門グルメ誌『Tasty』に、アズブーカ・フクーサでも取り扱いのある醤油とわさびを使った和風サラダレシピを撮影、掲載。

インバウンド実績

  • 日露ツアー代理店の依頼により、ロシアからの日本グルメ旅行参加者へのロシア語による和食教室を開催。
  • モスクワやソチより、和食文化研修に訪れたロシア人シェフに和食講座、和食材の案内、市場見学、ミシュランシェフ(日本料理『一凛』橋本幹造氏)の研修通訳などを務める。

ご協賛

貝印株式会社様、エスビー食品株式会社様、京都 福寿園様、モスクワ日本茶販売ワジム・リカチェフ様より協賛いただき、ロシアでの和食と和食文化普及で各社商品をご紹介させていただいています。